大分の地震の中から

「ぼくは無事です!」
報告が遅くなり、みなさんにご心配をおかけしました。すみませんでした。(沢山の心配メール、ありがとうございました!)

ぼくが住んでいる大分市は大分県中部にあたります。熊本の次に震源地となっている場所ですが、自分が住んでいる家が崩れるなどの大きな被害はありませんでした。ただ、けっこう揺れた。······ ぼくは咄嗟にパジャマのまま「オカリナケース」と「外付けHDD」を手に取りました(外付けHDDには新曲データがたっぷりとバックアップされている)。

夜中、地震で飛び起きて本能的に取った行動がこれだから、自分にとって命と同じぐらい大切なものはつまり、「オカリナ土心」と「新曲」だという事です。パソコンだの音響機材だの高いお金を払って手に入れてきた物には一切目もくれなかった。まあ物理的に考えて、緊急時にそんな重たい物を運び出すのは不可能だという事実もありますが、それらの物はのちに「いくらでも替えが効く」という事を承知しているから。

その後ぼくは手に取った「外付けHDD」をすぐさまパジャマのポケットにつっこんだ。片手は常に空けておきたいから。······ その空けた手で何が出来るかを、いま一度、改めて、考えてみたいと思っています。

2016-04-18 | Posted in BLOGComments Closed