聴いて。土心

6/26アクロス福岡では、演奏中にぼくのオカリナが光り始めるかもしれません!
そんなことないか。いや、でも何かしら磁場みたいなものがあれば、ありうるかもしれない。うんうん。何故ならぼくが使っているオカリナ「土心」は、福岡で制作されたものだからです。オカリナに詳しい人なら知っているかもしれませんが、そうでない人は知りませんよね? ぼくのオカリナ、福岡で作られているんですよ。


(クリックで拡大)

コンサートこそ初めてですが、アクロス福岡には深い馴染みがあります。ぼくは12年前の2004年から「土心」を使っており、福岡に行ってはいつもあの一帯をちょろちょろしていました。すぐとなりの貴賓館では何度もコンサートをしていますしね。でも(だからといってオカリナが光るわけないでしょう)というツッコミもあるかもしれませんが、ここは敢えて「もしかしたら光って見えるかも知れませんよ?」と、おこたえしておきましょう。笑

福岡で制作されたオカリナを、福岡で吹く。とりたてて珍しい事ではないかもしれない。しかしそこには、ささいではありますが、ぼくの「歩み」や「歴史」が確かにある。たとえそれがどんなに僅かなものでも、これはもうすでに、「物語」なのです。もちろん全てのコンサートに「物語」はある。けれども、12年間ぼくと共に戦火をくぐり抜けてきたこの「土心」が、故郷のステージであでやかに舞うのだから、このことは数ある物語の中でも少しだけ、特別、なのです。

だって、今や「土心」は、完全にぼくの声帯の一部だから······。

6/26アクロス福岡では、「土心」の素晴らしい音色に更なる魔法をかけ、豊潤な時間軸を味わっていただきたいと思っています。なんと、(わたしもその瞬間に自分も居合わせたい!)という県外からのお客様も少なくありません。飛行機で、新幹線で、遠くからお越しになられます。そんな方々も含め全員に、「今日は来て良かったなあ」と思ってもらえるようなコンサートにしたいです。そんな憶いで、日々、準備をしています。

「まだあります! チケット好評発売中!」
2016年6月26日(日)
2回公演
① open 10:30/start 11:00/close 12:00/¥3,000(当日¥3,500)
② open 13:30/start 14:00/close 15:00/¥3,000(当日¥3,500)

アクロス福岡円形ホール(福岡県福岡市中央区天神1−1−1)
チケットのご予約/【電話】090-5737-2015(コンサート事務局)【メール】frankone.jp/contact
共演者/田中陽子(ピアノ) 浅田佳子(ダンス・スペシャルゲスト)
後援/福岡市、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団、FBS福岡放送、RKB毎日放送

①午前か②午後のどちらかを選んでいただいて、お電話かメールでお申し込みください。
チケットはそれぞれ100枚ずつしかございませんので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
(①午前も②午後も、両方聴きたいという方大歓迎です!)

【取り置きチケット発行とお支払いにつきまして】
ご予約いただいた「取り置きチケット」は、6月26日当日、会場の受付カウンターにて発行いたします。お名前と枚数の確認が取れましたら、「取り置きチケット」をその場で発行させていただきますので、お支払いはその際にお願いいたします。開場時間になりましたら、受付カウンターまでお越しください。

2016-06-20 | Posted in BLOGComments Closed