もうすぐリルドリーム

9/4リルドリームのコンサートまで1週間を切りました。準備のほうは順調に進んでいます。
先日もふたつのラジオ番組に出演させていただきました。お聴きいただいた皆様、ありがとうございました。

そのラジオの生放送ですごい質問をされたので、その時のことを書きますね。
ゆふいんラヂオさんの番組に出演中のことでした。パーソナリティの方から

「宮村さんにとって、オカリナとはなんですか?」と訊かれました。

これは、キラークエッション!
こんなに鋭い質問が来るとはおもっていなかったぼくは、一瞬(どうしよう!)と戸惑いました。
頭を「キュルキュルキュル」とフル回転させながらも、ほとんど気絶状態でこう答えました。

「オカリナは音高(ピッチ)が非常に不安定な楽器です。だからオカリナを吹くという行為は、”不均衡の是正”です。」

お! 苦し紛れに打ち返したわりには、気の利いたことを云えたじゃないか。笑
でもやはりこれは、偶然打てたヒットではなく、常日頃からずっとそうおもって練習をしてきたからだとおもいます。

ぼくがオカリナを吹くときに一番気をつけるのが、この「音高」の正確さなのです。
いつも心の中で(世の中のノイズをひとつでも減らしたい。そうするためには、まずぼくが宇宙一の調律師にならなければならない。)とおもっています。
音に気持ちをのせるとか、感性がどうとかっていうのは、もっとずっと後のことなのです。

だから何度も何度も練習して、トレーニングも欠かさないのです。
練習はまだしも、はっきり言ってトレーニングなんて本当はめんどくさいですよ? なにが楽しくて600回も腹筋背筋しなきゃいけないんですか。(これがホンネ!笑)
でもやるんです。やっぱりそこは。

ところで、先ほど書いたラジオ番組でのキラークエッションに対し、もう少し本質的に言えることがあります。
それは、「音楽とは、魂の自由を得るための翼」だということです。
ぼくにとってオカリナとは、まさにこういうことなのです。

オカリナの音色には、そのような、言葉では表現しきれない力があるとおもいます。
それを実際に会場で体験していただきたいのです。

ピアノの田中陽子さんと素晴らしいステージをお届けしますので、9/4はぜひ、リルドリームへお越しください!
(チケットまだあります!)


(クリックで拡大)

リル・ドリーム(大分県中津市島田57−11)
共演者/田中陽子(ピアノ)
前売/大人¥3,000 学生¥2,000 小学生以下¥1,000
当日/大人¥3,500 学生¥2,500 小学生以下¥1,500
お問い合わせ/090-5737-2015(コンサート事務局) frankone.jp/contact(メールフォーム)
後援/OBS大分放送 TOSテレビ大分 OAB大分朝日放送 エフエム大分 NOAS FM ゆふいんラヂオ

2016-08-28 | Posted in BLOGComments Closed