わくわくチャージ

どうもこんにちは、宮村将広です。

前回のブログ、わかる人には共感を得たようですが、「宮村さんというのは、なんてキビシイ人なんだ」と感じた人もいるんじゃないかなあと、自分で読み返してみて思いました。

え〜、そんなことないない。
僕ほど優しい先生はいないんじゃないかなって思ってる。笑

「私は凄い先生なのでアール」なんて悦に入って、上から目線で威張ったり、人が嫌に感じるようなことは絶対にしませんからね(当たり前だけど)。
自分で言うのもあれですが、すごく親切にやっています。
なぜそう胸を張って言えるかって、それは、1コマ1コマ「親切に丁寧に」と思いながらずっとやっているからです。

まあその、なんて厳しんだなんて誰も思っていないでしょうが、ちょっと補足もしたいのでお話させてください。

まず前提として、趣味でやっていることなんですから、練習は基本、楽しくやるべきだと思います。
オカリナじゃなくても、ギターでもピアノでもなんでも。
まだちっとも上手くできないけど、最近ハマってて、とにかく楽器に触れているのが楽しい!っていう感じだといいですね。

気持ちの問題としては、「難しそうだな〜」と思わずに、「面白い!」と思える人は上達するのがうまいです。
ひとつ何かを教えたら、「わー、自分では全く気づかなかったです。やっぱり先生にみてもらうと色々わかって面白いですね!」っていう感じの人です。
さらに、「なるほど、こういう練習をしたらいいんですね。今度のレッスンまで一つ楽しみが増えました」とまで言える人は、もうグングン伸びます。

こういった人たちは、「わくわくチャージ」がうまくできる人なんです。
この「わくわくチャージ」は、今日いちばんのキーワードですので、ぜひ覚えてくださいね!

「オカリナを持ったら気持ちがどんよりします」とか、「ギターを抱えたら心が不安にさらされます」とかだったら最悪ですよね。。
それより、「この曲難しそうだけど私好きだから、演奏できたらきっと素敵だろうなあ」って、わくわくチャージしながら課題に取り組んだ方がいいに決まってます。
そうすれば、たとえ時間がかかってもいいから演奏できるようになりたい!って思えますよね。

ただ、やはりどうしても難しく、反復練習が必要になってくる時があると思うのです。
しかもそんな時に限って、わくわくチャージのバッテリー残量がなくなってしまうことが多いのです。
そうするともう、面白くない···ってなっちゃうんですね。

でも反復練習っていうのは、ただ単に回数の問題だったりするのです。
100回やればできるようになるところを78回で諦めたら、それは、できなかったことになります。
でも、あと22回やればできるのです。
これをどうするか。
やらないで、「あ〜やっぱ音楽って才能ないと無理なんでしょー」といじけてしまうのか、あと22回やってその先の「もっと純度の高いわくわく」をチャージするのか。

これはもうその人の生き方の問題でもあるから、僕が「絶対こっちにしなさい」とは言えないのですよ。
でももし、もっと純度の高いわくわくをチャージしたい!という人がいたら、前回のブログで書いた「ストイックジャンキー」と「努力は超カンタン」は、僕も使っててとても役に立っているので、オススメしますよー、ということなのです。
やってみて、自分には合わないなと思ったらまた違うやり方もたくさんあると思うので、いろいろ試してみてください。

そして、とにかく「わくわくチャージ」しながら楽しく行こうよ!ということなのです。
趣味や習い事だけじゃないですよ? 普段の生活の中でもわくわくチャージなんて「その人次第でいくらでも」できるのだから、今このブログを読まれているアナタも、この瞬間からわくわくチャージしてみてくださいーー!

それではまた。

2017-03-23 | Posted in BLOGComments Closed