新曲、書き終わりました

2〜3週間かけて少しずつ書いてきた曲がようやく形になりました。

new song 2015-08-08

作曲をしていると言うと、どうやって作っているのですか?とよく訊かれます。
僕も誰かに教わったわけではないのですが、今回は僕の作曲方法方をご紹介いたします。

僕の場合はピアノとギターを使って作曲することが多いです。
たまさか運転中に鼻歌を歌っていたらできた!みたいなこともありますが、基本的には「さて、作るぞ」と五線譜を用意し、ギターを抱えて机に向かう感じです。ピアノなら譜面台に五線譜を置いてどんどん書いていきます。
コード進行だけの時もあれば、旋律も同時に出てくる時もあります。
ちなみにオカリナには全く触りません。
とりわけ自分に課した禁忌というわけではありませんが、オカリナだと手グセがでたり自分の得意技に持っていってしまうそうなので、基本的に作曲の初期段階では使うことはないです。

今回の曲は、ほぼギターで作りました。
初めから構成も決めながら作ったので、曲の時間軸(6分間ぐらい)とコード進行が同時にできたことになります。
その後ピアノでも弾いてみたりしながら、メロディーを書いていきました。
ある程度のイメージができたのところでギター伴奏をレコーディングし、ここで初めてオカリナ登場!
オカリナが登場すると、主導権はすべからくオカリナが握ります。
ここのメロディーはオカリナには合わないな、というようなところも出てくるので、ひたすら譜面直し。最終的にメロディーがオカリナに馴染めば完成です。(どうしてもうまくいかない場合は1、2年塩漬けにします。そんな曲ばかりが沢山あるという。。)
あとはオカリナをレコーディングして、録ったものを虚心坦懐にくりかえし聴きます。
それで気に入ればアレンジ作業に進み、気に入らなければ塩漬フォルダに移動。笑
僕の場合はこんな感じです。

2015-08-08 | Posted in BLOGComments Closed