BLOG

デジタルデトックス

こんにちは、宮村将広です。

今日は僕が実践しているデジタルデトックスについて書きたいとおもいます。

スマホ依存には日頃からある程度気をつけていて、ツイッターやフェイスブックも自分が投稿する時以外は開かないようにしてきました。
なので依存度は低いほうだとおもっていたわけです。
しかしSNSさえひかえればOKというわけでもないですよね。

あしたの天気はどうかなあとお天気アプリを見た後にメールをチェックしたり、逆にメールチェックだけのはずがついでにニュースサイトを覗いたり。
べつに一瞬くらいいいじゃないかとおもっていましたが、そのせいで集中力に影響が出ているのは明らかなのです。

仕事・勉強・作業中は、机の上にスマホを置くだけで集中力的にはアウトなんだとか。
スマホを意識していなくても、視界の片隅に入っているだけでダメだということです。
そして実際にピコンと鳴ってLINEやSNSを見ちゃった場合、もう一度集中できるまでに約25分かかると言われているのです。

な、なんてことだ…。

というわけで何やかんや試してみました!

帰宅したらスマホを玄関に置いて部屋に入る。
またはクローゼットにしまいこむ。
使用時以外は飛行機モード。
ええい、こうなったらもうスマホも断捨離じゃい!と本気で売ろうとしたりとか。

結果的に(瞑想アプリや作業タイマーをよく使うので)スマホを売るまではしませんでしたが、LINE・メール・メッセンジャーは今やもう絶対に「通知オフ」。
更にそれらアプリのアイコンが目に入らないように、何度かスワイプしないと見れない場所にアプリ自体を移動させています。
その代わりに返信する時間を朝6時と夕方6時に決めてやっています。

それからニュースサイトも見ないようにしました。
例えばYahoo等の情報サイトのブックマークやアプリを削除して、ブラウザのホーム画面もグーグルの検索窓だけのやつに設定。
同時に、何年間も毎朝読んでいた5000字の有料メルマガも解約しました。
情報は見せられるものではなく、自分で選択する時代。
これでうっかりと不可抗力的に情報を浴びてしまうことはなくなりました。

とは言え、ネットや情報が全て悪と言ってるわけではもちろんないですよ!
むしろネットがないと今の生活は無理ですし、僕もかなり活用しているほうだとおもいます(このブログもそうだし)。
ただ、スマホやパソコンの画面上が人生のフィールドじゃないんだってことを自分で気をつけていたいのです。
確かに刺激的な情報が沢山あって面白いな〜とおもっていた時期もありました。
しかし振り返ってよく考えてみると、そのほとんどが高刺激でありながら自分の人生においては無価値なものばかりでした。

デジタルデトックスは、この「高刺激で無価値なもの」を取り除くという作業だとおもうのです。

パソコンもスマホも、作ってくれた人にはいくらお礼を言っても言い足りません。
しかし使う側の僕らが便利すぎる時代にかまけているだけだと、副作用的要素までしっかりと享受してしまうことになるのではないのかなあ、と。

せっかくの素晴らしい文明の利器です。
豊かな人生を送るためにも、高刺激で無価値なものはうまく取り除きたいですね!

2017-12-15 | Posted in BLOGComments Closed 

 

断捨離2

こんにちは、宮村将広です。

断捨離ブログの続きです。
実はモノを捨てられない理由はたった2つで、それは過去への執着と未来への不安なのだそうです。
確かに人間は過去や未来に気を取られがちな生き物ではありますね。
それでもやはり僕たちは今を生きているのですから、いま自分が生きるために「何」が「どのくらい」必要なのか?ということをちゃんと考えたほうがいいとおもいました。
「何を持つかは、今をどのように生きるかと同じこと」と言ってもいいわけですから。

捨てるのがもったいないという気持ちもわかります。
しかし使わないモノや、そのせいで掃除がしにくくて溜まったホコリに囲まれて暮らすほうがよほど自分の人生においてもったいない気がします。

モノが大事か、人生が大事か。
「もったいない」とか「使えるから」ではなく、自分の人生に価値を付加してくれるかどうかがポイントになりそうですね!

モノが少なくなると脳のCPUがくわれなくなるので、本当に思考がスッキリします。
そして維持管理のための時間やエネルギーも必要なくなります。
また、人は選択肢が多くなるほど不幸になるということが科学でも証明されていますので、やはり持ち物の総量は少ないほうが良いということです。

けっきょく断捨離って、決断の先延ばしや迷いを捨て、心の中を片付ける作業なんですね。

最後に、スティーブジョブズの断捨離に効きそうな言葉をご紹介して終わります。
「最高なものは1つしかないはずなのに、なぜ2つも3つも必要なのか?」

た、確かに···。

断捨離のはなし、少し長くなりましたが最後まで読んでくださりありがとうございました!

2017-11-30 | Posted in BLOGComments Closed 

 

断捨離1

こんにちは、宮村将広です。

以前書いた「今年始めた効果絶大なこととは?」の続きを書いていきたいとおもいます。
第2段目のお題は、断捨離です!

僕もなるべく家を散らかさないようにしてきました。
しかし買い物は毎月必ずしているわけですので、1つ買ったら2つ捨てるというようなことを習慣にしていない限り物理的にモノの総量が増えていくのは必至です。
なのでもう一度スッキリするために3カ月ほどかけて断捨離を行ないました。

結論から言うとかなりのモノを処分いたしました!(意外と増えてた。汗)
普段履きの靴は夏用1足と冬用1足を残してあとは全て処分。
服は値段に関係なくこの1年着なかったものは全て処分。
書類なんか家の契約書以外は中身すら見ずに全処分。
ペンも1本だけ残して全処分。
カメラや電子機器も最近起動させなかったものは全処分。
また映画は200作以上。
本も小さなカラーボックスを1つ買ってきて、そこに入らないものはぜんぶ処分しました。

何でこんなに本やDVDを積み上げてたんだろう?
それは、こんな本も読んだ、あんな映画も見た、とモノを通して自分の価値を人に伝えようと懸命だったのだとおもいます。
今回の断捨離を機にそういうのも卒業しました。

「ここのデッドスペースに突っ張り棒を付けて収納スペースをDIYで〜」とかって僕も考えたことがありましたが、そんな所に収納スペースを作らないといけないくらいモノが溢れていること自体がまず問題でした。
また、デッドスペースと呼ばれるこの一見無駄な空間こそが落ち着いた気分にさせてくれ、生き生きとした気持ちを生み出し、モノを持っていた時よりも満ち足りた心にしてくれるのです。

断捨離をするうえで良い考えだなと思ったのは、「お店が自分の倉庫」という考え方です。
近所のコンビニやドラッグストアを日用品のストック棚とおもい、街の本屋を自分の本棚とおもい、日本じゅうのショップを自分のクローゼットだとおもえばいいのです。
また、アマゾンプライムなら注文の翌日に届くわけですからストックの必要性がホントにないですよね。

人間は、立って半畳寝て一畳。
そう考えると家賃や家の費用のほとんどは置いているモノのために支払っているようなものだとも言えます。
家賃に値するかどうかでモノを捨てる判断基準を作るのもいいかもしれません。

ラビ・ハイマン・シャハテルという人がとてもいいことを言っています。
「幸福とは望んだものを手に入れることではなく、持っているものを望んでいる状態のことである」と。

本当に好きなモノだけに囲まれた生活は、いま間違いなく僕の心を満たしてくれています。

(断捨離2へ続く)

2017-11-20 | Posted in BLOGComments Closed 

 

1 2 3 4 5 34