BLOG

2017年もお世話になりました

こんにちは、宮村将広です。

2017年ももう直ぐ終わりますね。
今年あった良い出来事をおもい返してみたり、目標達成したことなんかを自分自身で噛みしめたりして、気持ち良く新年を迎えたいなあとおもっています。

僕の2017年は「color vol.2」のレコーディングからスタートしました。
結果的にアルバムのリリースは11月になってしまったのですが、オカリナの録音は今年の1月に5日間かけて録ったものです。
だから僕にとっては、すでに懐かしい演奏に聴こえます。

今年は色んなことにチャレンジしたりして、気持ちが常にポジティブでした。
早起きや瞑想や断捨離のことは既にこのブログでも書きましたが、まだ書ききれないこともたくさんあります。
1日1食とか、運動とか、禁酒とか、色々。
はっきり言って去年までの僕は、そんな面倒くさいこと自分には絶対にできないとおもっていました。
しかしこういったことを面白がりながら試しているうちに、習慣化に成功したのです。
(というか、むしろそっちの才能があることに気がつきました。笑)
その結果、音楽への集中力が高まり、曲作りに成果を出し始めたなあという実感を持てた年なのでした。

そして何よりも何よりも、応援してくださったみなさんのおかげで今年も頑張ってこれました!!
音楽活動において、心の深い部分から充実感が湧き上がってくるのを感じています。
みなさん、本当にありがとうございました。

来年はオリジナルアルバムの制作に向けて、新曲のアレンジ作業に励みます。
新年からスタート!というより、一足先にもうスタートダッシュしてしまったので、来年の目標は、これを続けることです。
みなさんが喜んでくれるような曲を作りますので、ぜひご期待ください。

それでは、今年も1年間お世話になりました。
来年もまたよろしくお願いいたします。
みなさん、良いお年をお迎えください!!!

2017-12-30 | Posted in BLOGComments Closed 

 

タイマー

こんにちは、宮村将広です。

今日はタイマーについて書きます。
タイマーってキッチンタイマーとかの、あのタイマーです。

僕は今年からタイマーを駆使するようになりました。
例えば作曲の時、仕事の時、読書の時、また休憩の時も。
そして今、このブログを書きながらもタイマーは設定しています。

何となくダラ〜と作業するのではなく、最初に「やめる時間」を決めて取り掛かるのです。
そうすることで集中力が高められ、単位時間の生産性がバンとあがります。

タイマーが鳴るまでは、スマホはもちろんのこと、壁の掛け時計すら見ません。
そして、取り憑かれたかの様に目の前の作業へ没頭するのです。
その代わりタイマーが鳴ったら、いくら中途半端な状態でも絶対にやめることにしています。
あとのことは「自分の中の無意識」に処理をゆだねます。

いつまでも頭で考えていると無意識に落とし込めないので、キリのいいところまであと少し〜という時でも、おもいきってパッとやめちゃいます。
意識で考えないから無意識が考えられるのです。
また、本気で集中して限界まで行っているので、時間がきたら「もう無理だ」と諦めがつき、行動の切り替えが早くなります。
(逆に言うと、能力を限界まで使わないからダラダラとやってしまうんですね。)

タイマー導入前までの僕は、物事への取り掛かりが遅い傾向にありました。
まあいつでも出来るし〜、とかおもっちゃうんですよね。

でもですね、、
「いつでも出来ることは死ぬまでやらない···、人間は。」

これに気がついた時、ああ本気で変わらなきゃなあとおもいました。
それで色々調べたのです。
すると意外にも「劇的な何か」でなく、小さな工夫で十分だということが判明。
それがタイマー(アラーム)だったのです。

人間ってやる気があるから行動するんじゃなくて、とりあえず手を動かしてみて色々やっているうちにだんだんとやる気が出てくるものなのです。
あれこれ気をもむくらいなら、さっとタイマーを設定し、とりあえずでいいから手を動かしたほうが手っ取り早いよ!ってことだったのです。

動き始めたらあとは良い方向に進むだけ。
その証拠にほら、あっという間にこのブログも書けました!

オススメです。
皆さんもぜひお試しください。

(補足)
ちなみにマルチタスクはやめといたほうが良いです。
少し前に、マルチタスクで仕事をする人はデキる人! みたいなのが流行りましたが、今ではもうそんなことはありません。
マルチタスクでミスが50%も増え、更に創造性を50%も低下させることがわかっています。
また、癌になる確率がバンと上がることが証明されていますので、本当にやらないほうが良さそうですねー。

2017-12-23 | Posted in BLOGComments Closed 

 

デジタルデトックス

こんにちは、宮村将広です。

今日は僕が実践しているデジタルデトックスについて書きたいとおもいます。

スマホ依存には日頃からある程度気をつけていて、ツイッターやフェイスブックも自分が投稿する時以外は開かないようにしてきました。
なので依存度は低いほうだとおもっていたわけです。
しかしSNSさえひかえればOKというわけでもないですよね。

あしたの天気はどうかなあとお天気アプリを見た後にメールをチェックしたり、逆にメールチェックだけのはずがついでにニュースサイトを覗いたり。
べつに一瞬くらいいいじゃないかとおもっていましたが、そのせいで集中力に影響が出ているのは明らかなのです。

仕事・勉強・作業中は、机の上にスマホを置くだけで集中力的にはアウトなんだとか。
スマホを意識していなくても、視界の片隅に入っているだけでダメだということです。
そして実際にピコンと鳴ってLINEやSNSを見ちゃった場合、もう一度集中できるまでに約25分かかると言われているのです。

な、なんてことだ…。

というわけで何やかんや試してみました!

帰宅したらスマホを玄関に置いて部屋に入る。
またはクローゼットにしまいこむ。
使用時以外は飛行機モード。
ええい、こうなったらもうスマホも断捨離じゃい!と本気で売ろうとしたりとか。

結果的に(瞑想アプリや作業タイマーをよく使うので)スマホを売るまではしませんでしたが、LINE・メール・メッセンジャーは今やもう絶対に「通知オフ」。
更にそれらアプリのアイコンが目に入らないように、何度かスワイプしないと見れない場所にアプリ自体を移動させています。
その代わりに返信する時間を朝6時と夕方6時に決めてやっています。

それからニュースサイトも見ないようにしました。
例えばYahoo等の情報サイトのブックマークやアプリを削除して、ブラウザのホーム画面もグーグルの検索窓だけのやつに設定。
同時に、何年間も毎朝読んでいた5000字の有料メルマガも解約しました。
情報は見せられるものではなく、自分で選択する時代。
これでうっかりと不可抗力的に情報を浴びてしまうことはなくなりました。

とは言え、ネットや情報が全て悪と言ってるわけではもちろんないですよ!
むしろネットがないと今の生活は無理ですし、僕もかなり活用しているほうだとおもいます(このブログもそうだし)。
ただ、スマホやパソコンの画面上が人生のフィールドじゃないんだってことを自分で気をつけていたいのです。
確かに刺激的な情報が沢山あって面白いな〜とおもっていた時期もありました。
しかし振り返ってよく考えてみると、そのほとんどが高刺激でありながら自分の人生においては無価値なものばかりでした。

デジタルデトックスは、この「高刺激で無価値なもの」を取り除くという作業だとおもうのです。

パソコンもスマホも、作ってくれた人にはいくらお礼を言っても言い足りません。
しかし使う側の僕らが便利すぎる時代にかまけているだけだと、副作用的要素までしっかりと享受してしまうことになるのではないのかなあ、と。

せっかくの素晴らしい文明の利器です。
豊かな人生を送るためにも、高刺激で無価値なものはうまく取り除きたいですね!

2017-12-15 | Posted in BLOGComments Closed 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 38